計測技術
計測技術
MarForm MMQ 200 コンパクトな形状測定マシン
JA
MMQ 200 は、製造現場および検査室用のコンパクトな測定機です。
  • DIN/ISO 1101 に準拠した形状および位置偏差の証明
  • 完全自動化された測定手順
  • 高精度粗さ測定軸 (C)
  • モータ駆動式測定縦軸 (Z)
  • モータ駆動式水平位置決め軸 (X)
  • 手動型傾斜・位置決めテーブル
  • T20W 手動長さ測定プローブ、または
  • T7W 電動プローブ
  • 人間工学に基づいたコントロールパネルはまた、選択測定プログラム(P1、P2、P3)を開始するために使用することができます
  • 技術データ
  • オプション
  • バージョン

真円度偏差 (µm+µm/mm 測定高さ) *
0,015 + 0,0003
真円度偏差 (µm+µm/mm 測定高さ) **
0,03 + 0,0006
軸方向振れ (µm+µm/mm 測定半径)*
0,02 + 0,0001
軸方向振れ (µm+µm/mm 測定半径)**
0,04 + 0,0006
傾斜・位置決めテーブル
手動
テーブル径 (mm)
160
テーブルの積載重量、中心 (N)
200
速度 (rpm) 50 Hz / 60 Hz
0.2-15
測定パス、電動 Z(mm)
250
真直度の誤差寸法/ 100 mm 測定パス (µm)**、Z軸
0.15
真直度誤差寸法/合計測定パス (µm)**、Z軸
0.3
トレース方向の平行度偏差Z / C軸、測定パス(µm)
0.5
測定速度 (mm/s)、Z軸
0.5-30
位置決め速度 (mm/s),Z軸
0,5-100
位置決めパス (mm)、X軸
150、モータ駆動
位置決め速度 (mm/s)、X軸
0,5-30
フッターテキスト
* LSC 基準円に対する最大偏差としての値、15 振動/分解能をフィルタリング
** すべての結果は、振動中立環境で 20°C ±1°C 時のDIN ISO 1101、フィルタ 15 振動/回転 LSC または 2.5 mm LSS、5 rpm または 5 mm/s および標準プローブアーム (ボール径 3 mm) に準拠しています誤差分離法を採用した標準に対する証明利用可能な数々のオプションを紹介していますが、例としては少数のマシンのみが紹介されています。「ユーザー」のMMQに対する技術データは要望により Mahr が提供いたします。

  • 24インチ標準TFTの代わりに22"タッチスクリーンTFTモニター
  • MMQ 200/T7W による粗さ測定と評価
  • MarWinソフトウェア、直径評価
  • 各種クランプ
  • 長さが異なるプローブアームと形状の異なるスタイラスボール
  • 様々なダブルプローブアーム
  • 各種キャリブレーション基準

このMarForm MMQ 200 は、2つのバージョンからお選びいただけます。汎用測定プローブを備えた測定ステーションとしては、 T20W また、電動測定プローブを備えた測定ステーションとしては、 T7Wこれは、その独自のモーター駆動により、自動化をさらに一歩前進させます。
この MMQ 200 は、 EasyForm ソフトウェアを使用して操作します。タッチスクリーン技術で制御され、マウス操作が大幅に簡単になっています。

形状測定ステーション、T20W装備(注文番号 9999485)
  • MarForm MMQ 200 形状テスター
  • T20W 長さ測定プローブ、手動、プローブアーム付き、
  • EasyForm 測定/操作ソフトウェア
  • Intel搭載PC、Windows 10
  • 24" TFT モニター
  • リムチャック Ø 100 mm

形状測定ステーション、T7W装備(注文番号 9999486)
  • MarForm MMQ 200 形状テスター
  • T7W 長さ測定プローブ、プローブアーム付き
  • EasyForm 測定/操作ソフトウェア
  • Intel搭載PC、Windows 10
  • 24インチTFT モニター
  • リムチャック Ø 100 mm