計測技術
計測技術
MarForm MMQ 400 万能な形状測定機
JA
MarForm MMQ 400 は、DIN ISO 1101 に準拠した幅広いワークピース評価に対して広範囲に使用できます。
高精度測定軸 Z および X によりあらゆる形状測定タスク実行が可能です。MarForm MMQ 400 は異なるバージョンでも利用可能:
  • 高精度ターゲット対象加工物
  • 異常に長い対象加工物
  • 大型で重量のある対象加工物
  • 生産工場または精密測定室における使用

    異なるモジュールが利用可能、MarForm MMQ 400 は要件に合わせて準備可能:

  • モータ駆動または手動の傾斜・位置決めテーブル
  • 長さ900 mm、500 mmまたは350 mmの垂直軸(Z)
  • 測定長180 mmまたは280 mmおよびX軸とZ軸のデジタルリニアスケールの水平軸(X);高い再現性を必要とする測定のための高いプローブ位置精度
  • 短い測定回路、高い直線性、低い測定力を備えた手動または全自動プローブ
  • 呼び輪郭の高速測定のためのパスコントロール
  • 技術データ
  • 用途
  • オプション
  • バージョン

 
MMQ 400-2
Z= 900 mm X= 280 mm
5440781 - MMQ 400-2/280/500/CNC/Scale
5440780 - MMQ 400-2/180/350/CNC/Scale
真円度偏差 (µm+µm/mm 測定高さ) *
0,01 + 0,00025
0,01 + 0,00025
0,01 + 0,00025
真円度偏差 (µm+µm/mm 測定高さ) **
0,02 + 0,0005
0,02 + 0,0005
0,02 + 0,0005
軸方向振れ (µm+µm/mm 測定半径)*
0,02 + 0,0001
0,02 + 0,0001
0,02 + 0,0001
軸方向振れ (µm+µm/mm 測定半径)**
0,04 + 0,0002
0,04 + 0,0002
0,04 + 0,0002
傾斜・位置決めテーブル
自動
手動/自動
手動/自動
テーブル径 (mm)
285
285
285
テーブルの積載重量、中心 (N)
400
600
600
速度 (rpm) 50 Hz / 60 Hz
0.2-15
0.2-15
0.2-15
測定パス、電動 Z(mm)
900
500
350
真直度の誤差寸法/ 100 mm 測定パス (µm)**、Z軸
0.15
0.15
0.15
真直度誤差寸法/合計測定パス (µm)**、Z軸
0.9
0.4
0.3
トレース方向の平行度偏差Z / C軸、測定パス(µm)
2
0.8
0.5
測定速度 (mm/s)、Z軸
0,1-30
0,1-30
0,1-30
位置決め速度 (mm/s),Z軸
0,5 -100
0,5 -100
0,5 -100
測定パス、電動 X(mm)
280
280
180
真直度の誤差平均100 mm 測定パス (µm)**、X軸
0.5
0.5
0.4
真直度の誤差寸法/合計測定パス (µm)**、X軸
1.5
1.5
0.8
直角度X/C 軸,測定パス(µm)
2
2
1
位置決め速度 (mm/s)、X軸
0,5-30
0,5-30
0,5-30
測定速度 (mm/s)、X 軸
0,5-10
0,5-10
0,5-10
フッターテキスト
* LSC 基準円に対する最大偏差としての値、15 振動/分解能をフィルタリング
** すべての結果は、振動中立環境で 20°C ±1°C 時のDIN ISO 1101、フィルタ 15 振動/回転 LSC または 2.5 mm LSS、5 rpm または 5 mm/s および標準プローブアーム (ボール径 3 mm) に準拠しています誤差分離法を採用した標準に対する証明利用可能な数々のオプションを紹介していますが、例としては少数のマシンのみが紹介されています。「ユーザー」のMMQに対する技術データは要望により Mahr が提供いたします。
* LSC 基準円に対する最大偏差としての値、15 振動/分解能をフィルタリング
** すべての結果は、振動中立環境で 20°C ±1°C 時のDIN ISO 1101、フィルタ 15 振動/回転 LSC または 2.5 mm LSS、5 rpm または 5 mm/s および標準プローブアーム (ボール径 3 mm) に準拠しています誤差分離法を採用した標準に対する証明利用可能な数々のオプションを紹介していますが、例としては少数のマシンのみが紹介されています。「ユーザー」のMMQに対する技術データは要望により Mahr が提供いたします。
* LSC 基準円に対する最大偏差としての値、15 振動/分解能をフィルタリング
** すべての結果は、振動中立環境で 20°C ±1°C 時のDIN ISO 1101、フィルタ 15 振動/回転 LSC または 2.5 mm LSS、5 rpm または 5 mm/s および標準プローブアーム (ボール径 3 mm) に準拠しています誤差分離法を採用した標準に対する証明利用可能な数々のオプションを紹介していますが、例としては少数のマシンのみが紹介されています。「ユーザー」のMMQに対する技術データは要望により Mahr が提供いたします。


Specific measuring tasks
Form & position, roughness, contour, waviness, and line form in the following industries

Machine building

 Bearings, ball screws, shafts, sockets, rotational bushings

Measurement close to production
PLC and end-of-line testing

Automotive industry
Steering, brake system, gearbox, motor

Medicine
Hip and knee endoprostheses,  medical screws,  teeth implants

  • 粗さ測定
  • 形状プローブ(ルビーボール付)と粗さプローブ(PHT 6-350)の切り替え
  • MarWin評価ソフトウェアを使用してのピストン試
  • MarWinによるシャフトのねじり試験と分析
  • カム輪郭テスト
  • 整流子でのバー間変動分析
  • 輪郭測定と評価
  • パスコントロール (MCPC)
  • 形状評価
  • 振動速度解析
  • 主な真円度の波形 (MBN 10455)

この MarForm MMQ 400-2は、 要件に応じて7種類のバージョンが用意されているため、あらゆるタスクに最適です:
  • 電動または手動傾斜・位置決めテーブル付き
  • 測定長 500 mm または 900 ㎜ の縦軸 (Z) と測定長 280 mm の横軸 (X)、または
  • 測定長 350 mm の縦軸 (Z) と測定長 180 mm の横軸 (X)
  • 測定の最適な再現性を実現する線形軸XおよびZのデジタルパス測定システム
  • 電動テールストック装備(オプション)

MarForm MMQ 400-2は、 手動センタリング、および傾斜テーブル付き部分自動測定ステーションまたは電動センタリングおよび傾斜テーブルとT7Wプローブを併用して、部品を精密にテストするために完全設計されたオペレータの介入を必要としない完全自動測定ステーションとしてご利用いただけます。

この T7W測定プローブには、 電動式回転軸が装備され、プローブを希望する接点まで少しずつ移動させることができます。円柱の表面およびエンドの表面の両方での測定に使用できます。ゼロ位置プローブに加えて、T7W でもオペレータが介入することなく内径および外径の測定の切り替え、底部表面の自動測定を実施することができます。複雑なワークピースで完全自動化された測定手順はオペレータの介入なく実行できます。T7W プローブアームは交換可能です。電動回転軸を使用すると、多点プローブアーム、つまり複数の接触エレメントを持つプローブアームを作成することもできます。これにより、測定中に異なるスタイラスボールの形状を切り替えることができます。

粗さパラメータをモニタリングすることにより、形状を位置の公差を確認します。RaやRzなどの一般的な粗さパラメータを文書化する場合 MarForm MMQ 400-2を使用して対象加工物の形状テストしながら行うことが可能で、対象加工物を別の測定ステーションで回収する必要はありません。、これは、形状プローブ(ルビーボール付)と粗さプローブ(PHT 6-350)の切り替えを電動のプログラム制御で達成します。オペレータの介入は必要ありません。関連プローブは自動的に垂直接触から水平位置に動きます。これは、プローブを1°刻みで配置するT7W形状テスターの電動回転軸を使用して行われます。