計測技術
計測技術
MarGear GRP1 粗さプローブ
JA
歯車の拡張パッケージ粗さ測定と解析

歯車計測の分野では、Mahr(マール)社はすでに歯車の測定と直径や形状の測定を組み合わせた非常に正確な基準システムを提供しています。さらに、表面計測学の分野では、Mahr(マール)社は、世界的なスタイリング方法を完璧にしました。

歯車測定装置で加工物をテストする場合、RaとRzのような粗さパラメータを測定して記録することが最も重要ではありませんか?
誘導プローブのスペシャリストとして、Mahr(マール)社は自社開発の汎用3Dプローブの利点と、実績のある粗さプローブPHTの精度を組み合わせています。 歯車と粗さの測定は同時に進化します。
MarGear GMXシリーズゲージングセンターで、歯車の分析測定と粗さ特性の監視を組み合わせます。 対象加工物を別の測定ステーションに戻すことなく、検査中にRaやRzなどの一般的な粗さパラメータを同時に文書化します。 MarGear GMXの優れた位置決め精度と、MarGear粗さプローブの新しい電動旋回軸の組み合わせにより、最大の再現性が保証されます。
貴社の利点:

  • モジュール0.8からの歯部形成用の小型化された粗さプローブ
  • MarWinプラットフォームのコンセプトにより、ギア測定センターでのMahr表面計測の分野で世界的に知られている粗さ測定ソフトウェアの使用が可能になります。
  • 粗さプローブの自動旋回軸により、はすば歯車でも標準的な表面測定が可能になります。
  • 例えば、ISO 4287 または ISO 13565-2に準拠した特性値
  • 用途

  • Roughness at teeth flanks
  • Roughness at bearing positions