計測技術
計測技術
MarShaft SCOPE 600 plus 3D MarShaft 600 プラス 3D 光軸測定システム
JA

アプリケーションスペシャリストであるMahr(マール)社は、カムシャフトの新しい測定方法を提供しています。最新のMarShaft SCOPE 600 plus 3Dを使用して、最近では(オプションで)ストレート状歯形部およびヘリカル状の円筒歯形部にも適用できます。光学センサと触覚センサの組み合わせにより、対象加工物の機能的に完全な3D検査が一度のクランプで初めて可能になりました。この市場ニーズによって、Mahr(マール)社に大きな期待が寄せられ、その結果好評のMarShaft SCOPE 750 plusシステムが開発されました。 この最先端システムは現在、新しい2Dプローブシステム、電動テールストック、そしてリニア軸のキャリブレーションを導入しています。マトリックスカメラは、レンズを使って数秒で直径、長さ、半径、形状、位置特定、カム角度、カムリフトなどの特性を測定します。追加の2Dプローブシステムは、光学的に測定できない機能を検出します:凹面カムプロファイル、円筒ギアのすべての一般的なギアパラメータ、軸方向の振れ、止り穴のような軸方向の基準エレメントなどが挙げられます。このシステムでは、触知システムと光学システムが一つの測定座標系で調整されています。測定ステーションはMarWinソフトウェアプラットフォームと連携して動作し、完全な3D機能を提供します。

特性:

  •  カム角とすべてのカムプロファイルを含むカムシャフトの完全測定
  •  円筒歯車の測定
  •  輪郭の測定
  •  ラジアルドライバ不使用
  •  基準を直接測定(2 平面、止まり穴、キー溝)
  •  キー溝の測定
  •  止まり穴の測定
  •  最新の2Dプローブシステム1320-2による100%の3D機能
  •  Y測定軸の追加
  •  直線軸の特殊キャリブレーション(Z-X-Y)
  •  MarShaf プロフェッショナルソフトウェア
  •  手動パネル

  • 技術データ
  • 用途
  • オプション

直径誤差限界(X) (µm)
(1.0 + L/125) L 単位 mm (参照標準で20°C ± 1°C )
ドライブ
サーボモーター
レンズ
テレセントリック精密レンズ、高解像度 CCD アレイ
長さ誤差限界 (Z) (µm)
(2 + L / 125)L 単位 mm(参照標準で20℃±1℃)
角度分解能(°)
0.01 ~ 0.0001
測定範囲の直径 (X) (mm)
120
測定物の重量 (最大) kg (テキスト)
15
長さ/直径分解能 (mm)
0.01 ~ 0.0001
測定範囲長さ (Z) (mm)
600

  • カムシャフトの全体測定
  • ギアシャフトの完全測定

一般的な加工対象物

  • カムシャフト
  • ギアシャフト
  • 偏心軸
  • キー溝または止り穴のある軸

  • バーコードスキャナ
  • 指示ランプ(赤、黄、緑)
  • 先端コーティング(ドライバ不要)
  • 振動分離システム
  • 温度補正
  • ネジ測定
  • ターボチャージャのシャフト測定