計測技術
計測技術
Precimar PLM 1000-E 精密測長機
JA
PLM-E精密測長器は、水平配置で均質性の高い硬質花崗岩に取り付けられたAbbe準拠のコンパレータです。
  • 5軸の高感度調整、および荷重量が 35kgのオブジェクトテーブル
  • PCワークステーションおよび828 WIN「Free measurement」基本ソフトウェアを含む、PCベースの多軸機械制御
  • 測定力を調整しジョイスティックで制御する測定スライドを使用するシンプルな操作手順、、累進型偏向特性および自動接触検出
  • 外径/内径測定値の自動検出とコンピュータによる反転点の検索
  • モータ駆動式の測定スライドで高速移動が可能
  • 汎用測定テーブルの垂直および断面積調整を CNC が制御することにより測定の効率性が向上
  • 最先端のマシン制御(MarEcon)
  • 強力なソフトウェアとメニュー操作で実現される測定データの記録、処理、ロギング、転送
  • 熱応力偏差のソフトウェア補償
  • ソフトウェアを使用して簡単に設定できる測定力
  • マシンベッドに取り付けられているすべてのスライドに対する静圧ガイドによって特に低い不確実性を測定
  • 電子制御による測定力と自動接触が可能
  • 主観的な影響が大幅に排除され、試験対象物との意図しない衝突が回避されました。
  • 穴と内部スレッドの自動測定
  • 自動 TY 調整:手動による TY 調整も可能
  • モータ駆動による傾斜軸 (TB) のアライメント。アライメントは手動のコントロールパネルまたは 828 WIN ソフトウェアで実施
  • Precimar PLM-E では、工場キャリブレーションまたは DAkkS/DKD キャリブレーションが可能
  • 技術データ
  • 用途
  • アクセサリ

 
PLM 1000-E
PLM 600-E
外寸の測定範囲 [mm]
0 ~ 1000
0 bis 600
内寸の測定範囲 [mm]
0.5~845
0.5 ~ 445
直接測定範囲 [mm]
200
200
位置偏差/誤差限界 (L、mm) [µm] *
≤ (0.07 + L/2000)
≤ (0.07 + L/2000)
測定の不確実性 MPEE1 (L in mm) [µm]
≤ (0,085 + L/1500)
≤ (0,085 + L/1500)
測定力 [N]
0~13.9
0 ~ 13.9
繰返精度 [µm]
≤ 0.05
≤ 0.05
デバイス長 [mm]
2110
8 mm/s
質量 [kg]
535
1660
テーブル面積 (A x B) mm
150 X 300
480
150 X 300

キャリブレーション対象:

  • プレーンプラグゲージとゲージリング
  • セッティングリングゲージ
  • スナップゲージ
  • 球状ゲージブロック、内側マイクロメータ
  • ブロックゲージ
  • スレッドゲージ
  • テーパースレッドゲージ
  • ギアゲージ
  • ダイアルインジケータ
  • 指針測微器(コンパレータ)
  • 2点式ボアゲージ
  • 外部マイクロメータ
  • 2点式内径マイクロメーター
  • 精密測長機
  • 薄壁および変形母材の測定

幅広い測定タスクの問題を解決するための数々のアクセサリキットとモジュール部品(以下を含む)
  • スレッドゲージ
  • 円錐スレッドゲージ
  • ギア
  • スレッドピッチ