計測技術
計測技術
Precimar ULM 520 S-E 測定機器のキャリブレーション
JA
広い直接測定範囲を備えた大型汎用測長器は、水平配置で均質性の高い硬質花崗岩に取り付けられています。
X軸測定システム:
  • ハイデンハイン(Heidenhain) 増分式精密測長システム、測定エレメントの長さ 100 mm
  • ベースベッドの全長とその左右をカバーするハイデンハイン(Heidenhain)インクリメンタル入射光測定システム
  • Z 軸測定システム::レニショー(Renishaw)インクリメンタル精密測長システム、長さ80 mm
  • 100 mmまでの範囲の超精密測定と標準精度範囲の測定用複合測定器
  • 測定エレメントとカウンターベアリングの全移動範囲にわたって正確
  • 測定対象物が大きい場合の測定を特に推奨。ただし、測定物が小さい場合の測定にも適しています
  • 測定スピンドルの手動操作
  • 測定エレメントとカウンターエレメントを手動で円滑に位置決めするための空気ベアリング
  • プッシュボタンによるオブジェクト高さ調整(設定した増分で位置決めも可能)
  • 3センサー付きコンピューターによる温度測定
  • コンピュータ支援による機器ゼロ点の安定化と系統的機器エラーの補正 (CAA)
  • 測定スピンドル設定範囲全体で安定した測定力
  • コンピュータ支援による温度、測定力影響の補正
  • Z軸方向の精密ガイドと25kgの耐荷重量大型オブジェクトテーブル
  • Mahr 828 WIN 測定・評価ソフトウェア、MS Windows® 対応
  • 測定軸エクステンションの使用(オプション)
  • Z自動位置決めによる内側スレッド測定
  • 技術データ
  • 用途
  • アクセサリ
  • バージョン

 
ULM 520 S-E
ULM 1000 S-E
装置寸法
1080 x 380 x 480
1500 x 380 x 480
外寸の測定範囲 [mm]
0 ~ 520
0 ~ 1025
内寸の測定範囲 [mm]
0.5 ~ 365
0.5 ~ 870
直接測定範囲 [mm]
外径測定:0 ~ 520
内径測定:0.5 ~ 365
外径測定:0 ~ 1025
内径測定:0.5 ~ 870
測定の不確実性 MPEE1 (L in mm) [µm]
ABBE 測定エレメントのみ使用: MPE E1 ?(0.09+L/2000)
ベースベッド測定システム: MPE E1 ?(0.6+L/1000)
ABBE 測定エレメントのみ使用: MPE E1 ?(0.09+L/2000)
ベースベッド測定システム: MPE E1 ?(0.6+L/1000)
測定力 [N]
0.2 ; 1.0 ~ 4.5 ; 11
0.2 ; 1.0 ~ 4.5 ; 11
繰返精度 [µm]
Abbe測定素子付き:≤0.05
ベースベッド付き測定システム: ≤ 0.2
Abbe測定素子付き:≤0.05
ベースベッド付き測定システム: ≤ 0.2
デバイス長 [mm]
1080
1500
質量 [kg]
160
215

キャリブレーションo:

  • プレーンプラグゲージとゲージリング
  • セッティングリングゲージ
  • スナップゲージ
  • 球状ゲージブロック、内側マイクロメータ
  • ブロックゲージ
  • スレッドゲージ
  • テーパースレッドゲージ
  • ギアゲージ
  • テーパーゲージ
  • ダイアルインジケータ
  • 指針測微器(コンパレータ)
  • 2点式ボアゲージ
  • 外部マイクロメータ
  • 2点式内径マイクロメーター

幅広い測定タスクの問題を解決するための数々のアクセサリキットとモジュール部品(以下を含む)
  • スレッドゲージ
  • テーパーゲージ
  • 円錐スレッドゲージ
  • ギア

  • ULM 520 S-E
  • ULM 1000 S-E